Follow by Email

Monday, March 12, 2012

引っ越し

ポルトガルに来てはじめに大学の寮で他の学生との共同生活、ルームシェア。それに耐えきれなくなった私は、一人部屋を求めて、年度末に引っ越した。
引っ越し先は、ポルトガルに着いたその日に泊まった宿の近くで、眺めも、環境もとても気に入っていた。以前にも言った通り、日本の渋谷みたいな町で、家からお店へも徒歩で数分といったところだ。
しかし、平和な日々は長くは続かなかった。ある日を境に、キッチンの食器の数が減った。。。他の住人の話では、流しにたまった食器を大家が部屋に持っていっているとのこと。そう、大家も同じアパートの階に住んでいるのだ。大家は、キッチンは常にきれいでなければいけないという。だからってそんなことしなくても・・・
さらに、大家がよく部屋に来るようになった。トントンとドアを叩く。何か用があるならまだしも、元気かどうかの確認である。最初は優しい大家と思っていたが、どうも部屋への訪問は私だけに行っているらしい・・・大家に警戒心と抱くようになった。
それからもというもの、そこでの生活に苦を感じるようになった。。。耐えられなくなった私は引っ越しを決意。
新しい住居を探した。そんなある日、学校の友達が住んでいるアパートに空き部屋があり、家賃が80€も値下がったとの情報!!!チャンス!なんでも、12部屋あるアパートの内、8部屋が空き部屋状態。そこで大家が住人を増やすために、家賃を下げたのだ。
そこは、私が以前から住みたかった、とっても大きなアパート。リビングには5つのソファーがあって、部屋も大きく、ダブルベット。大学の近くのSaldanhaという駅のすぐ目の前で、立地条件も問題ない。
考える間もなく、大家に電話をして、アパート入居を決めた。
念願のダブルベット!これで問題とはおさらば~。




エントランス


リビングルーム




私の部屋
新住居の契約をしてから数日後、友達から思いもよらない情報が入りこんだ。
なんと、新しい住人のスペイン人が犬を連れて来るとの事・・・犬は嫌いではない。きっと問題ないだろう。
しかし、思わぬ事態が発生!犬は中堅のシェパード。好みじゃない(ーー;)彼女の部屋で飼うのかと思っていたが、犬の餌やマットは共同スペースに置かれていて、犬はリビングで生活している。(・◇・;)!!!
部屋を出るたびに、後ろについてくる犬。部屋で昼食を食べていれば、勝手にドアを開けて入ってきたことも・・・以前なら毎回ドアを閉める必要はなかったのに。。。
昼夜問わずに吠える犬。来客用のブザーが鳴る度に吠えながら廊下を走る。最悪だ!!!
我慢に耐えきれず、大家に連絡したが、大家は部屋で飼うように言ってあるから問題ない。とのこと。でも、未だに犬は共同スペースに住んでいる。どうなることやら。。。
現在、台湾人の友達、フランス男性2、オランダ男性1、オーストリア男性1、パラグアイ女性1、ポーランド女性1、スペイン女性2、イタリア女性1、日本人の私、計11人で共同生活中!
留学生活残り3カ月・・・またお引っ越し?!






No comments:

Post a Comment