Follow by Email

Monday, October 24, 2011

ポルトガルの食事 10月

~リスボン大学の食堂編~

リスボン大学の学食は、全てが美味しくないと思っていたが、それは大きな間違いであった。あの日のソーセージランチが特別だったのだ。その後日食べた学食は、鶏肉の煮物とライス。85点
ここに来て初めて口にするライスだけに、本当に感激だった!その後も学食を何度か利用したが、どれも美味しかった。
こちらも鶏肉料理85点

一度だけ夕飯を食べに、学食を利用した。いつも通りにデザートを2つ取ると、係員に「デザートは1人1つだと」注意を受けた。昼間いつも2つ食べていると伝えると。たまに見逃してしまうことがあるだけだと。残念・・・(^^;)
ポテトと肉料理 75点

夕方の食堂は昼間と違ってガラガラ。昼間は食券を買うだけで30分位並ぶことも。食券を持ってからもまたさらに並ぶ。
※2€40セントの食堂がある建物には、学生証が必要なので、一般の人は入れません。
なかには、6、7€で食べられる食堂もあります。しかし、値段の割には、味が普通なので、あまりお勧めしません。
約7€の高級学食 85点約7€の高級学食 85点

~ポルトガルの料理編~

ポルトガルに来てからずっとポルトガル料理を食べたかったが、なかなか機会がなかった。学食以外で美味しい料理とも出会うこともなく、ポルトガルは好きだが、食事がダメだと諦めていた。しかし、友達と一緒に行ったショッピングセンター内で食べた、白米、黒フェジャオン、ポテトフライ、サラダにお肉。最高のコンビネーション。私が大好きなメニューである。
肉が若干固かったので、90点

後日、ポルトガル人の友達と出かけた際に、偶然にもこのメニューと出会う。彼女曰く、この料理は、ポルトガル料理であると!あまりにも気にって、その次の日もその料理求めて、メトロに乗って食べに行った。
肉硬くて、味悪い 75点
80点

ポルトガルで有名だというアイス屋。週末には長蛇の列が。
コーンのダブルで2€50セント 95点。
サーティーワンや、ハーゲンダッツと違って、さっぱりした味。私のお勧めは、パションフルーツと練乳。

日本とポルトガルの違い②
ポルトガルはワインが日本よりも安いため。グラスワインの量が半端ない!「百聞は一見にしかず」自分の目で確かめて下さい。
安物白ワイン2€ 点数なし。



おまけ
中国食品店の棚にあった辛ラーメン全部で11個。

ポルトガルの週末 ~リスボン編~

2011年10月15日土曜日、リスボンで迎えた初めての週末。
土曜日の夜、学校の友達の知り合いのパーティーに呼ばれた。パーティーには帽子を必ずかぶらなければいけなった。一体どんなパーティーなのかと、ワクワクして現地へと向かう。夜出かけるのは、ポルトガルで初めてのこと。どんな危険が待ち受けているのかという不安を抱えながらも、夜の景色が楽しみだった。
私達が向かったのは、いくつものBARが軒を並べる「Bairro Alto」。車道の両側はすでに沢山の車でいっぱいで、なかなか駐車スペースを見つけれなかった。結局は、有料駐車場に駐車。車を降りて、街を歩く。時計はまだ11時前を指していたにも関わらず、街は暗く、危険を感じた。ポルトガルの街灯は日本と違って、優しいオレンジ色をしているので、あまり街が明るく見えないというのが、私の印象。道には、割れたビール瓶が落ちていたり、ドラッグを売る売人がいた。観光客に気軽に声をかけてきたその売人を見て、とても怖かった。
ポトガル最大の詩人として称えられるカモインスの像。Bairro Altoから近い。

パーティー会場に到着。
帽子をかぶり中へ入ると、そこは、たくさんの風船が飾られている誕生日会場だった。
誕生日の人に挨拶をし、ビールを飲みながら友達と楽しく会話。しかし、フロアーに音楽が流れだすと、皆が躍る準備を始めた。


誕生日を迎えた彼女はダンス教室に通っているらしく、みなダンス仲間だった。そのダンスというのは、タンゴやサルサ、アフリカのダンスなどで、男女で一緒に踊るダンス。
誕生日の席に申し訳ないと思ったが、どうしても踊ろうと思えなかったので、断固拒否。ダンスとはいえ、知らない男性と体をくっつけて踊るなんて(><;) ムリー!!!
沢山の人達がカップルの輪となり、音楽に合わせて踊っているのを見ていて、楽しかったが、家で寝ていればよかったと後悔。
深夜2時過ぎ。やっと、友達が帰ると言いだしてくれた。「よかった~(^^;)」
ポルトガル人の知り合いもできた。

フランス人の友達を「Alfornelos」まで送り、私とスペイン人の友は、カーナビを彼女が住む「Odeveiras」の住所に変えて、出発。しばらく走ると、先程と同じ道に出た。道を一本間違えたのかも!? また走り出す。しかし、また同じ道にでる。カーナビが故障したのかも・・・違う住所を入れて再度出発。しかし・・・同じ道(-◇-;)  私のI-PHONEのカーナビを使って再度出発!速度を落として、慎重に車を走らせた。しかしまた“Alfornelos”にでた。眠気はピークを迎えていた。「もうこのまま戻れないのかもしれない・・・」車を置いて、メトロで帰りたかったが、友達の車なので黙っていた。できるだけ頭をフル回転。そんな時、目の前を通った一台の車が行った方向に行こうと思いついた。できるだけ大きな道にでれば、きっと看板がでてるかも!案の定、私達はすぐに「Odeveiras」の看板を見つけることができた。本来ならば15分で着く距離を、私達は1時間以上も同じ道をぐるぐる走っていた。「二度と車でAlfornelosには来ない」と、友達。「二度と夜遊びはしない」と、私は思った。その日はそのまま友達の家に宿泊した。

日曜日の昼。ルームメイトが、中国料理をごちそうしてくれるという約束をしていたので、彼女らがいる「Saldanha」へと向かう。メトロに乗り込むが、なかなか動かない。アナウンスが流れていたが、よく理解できなかった。近くの男性に尋ねると、黄色線全体が運転を見合わせていると。(※リスボンのメトロは、青、赤、緑、黄色の4線で成り立っている)しばらく待ってみるがなかなか動かない。駅員に聞いてもいつ動くかわからないと。「ついてない・・・」
寝坊したので、約束の時間をすでに2時間もオーバーしていた。友達に電話して断ろうと思ったが、友達は待っていてくれると・・・
お腹がすいていたので、自動販売機でジュースを購入。ジュースを取りだそうとしたら、取りだし口にワッフルが落ちていた!賞味期限、袋に穴が空いてないことを確認して、少し心配だったが、食べることに(o^^o)ラッキー♪ 
30分後メトロはやっと動き出した。
大遅刻をしたにも関わらず友達は暖かく迎えてくれた。そして昼食!
 蕃茄炒蛋 青椒土豆丝 辣子鸡胸

一人分とは思えない量のごちそう。にも関わらず「これで足りる?」と聞かれた時には、どんだけ食べると思われてるのかと、ビックリ!中国料理は、どれもとてもおいしかった(o^^o)。 ポルトガルに来て食べた料理で一番おいしかったと思う。そして、先程ワッフルを食べたことを後悔。後半お腹いっぱいだったが、せっかく作ってくれた料理を残すわけにはいかず、最後まで美味しくいただいた。
こんなにも親切な友達を持って、とても幸せだと感じた。もっと自分も人に優しくなろうと思ったのである。
ごちそうさまでした!(^0^)/

Wednesday, October 19, 2011

いよいよ授業開始!

2011年10月8日から、リスボン大学でのポルトガル語の授業が始まった。
朝6時半起床、外はまだ真っ暗で肌寒かった。身支度をして寮をでる。まだ薄暗い道を歩き、あこがれの外国でのポルトガル語の授業が始まるかと思うと、とてもワクワクした。
朝日を浴びて輝く大学。しかし・・・
私が勉強しているクラスは、この建物の中。これで「新しい小屋」という名前がついている・・・トイレもついていない。

朝8時、集合場所に着くと、何十人もの生徒が廊下に広がっていた。その中で、5、6人の日本人を発見。自分の母親位の年齢の方もいて少し驚いた。
私のクラスは「NIVEL ELEMENTAR」、5段階のレベルの内、下から2番目である。ポルトガル語の基礎を学んで来ていない私は、きちんとしたポルトガル語の基盤をつくるために、このクラスを選んだ。
一番下に書いてあるのが私の名前 YASUKO TAKAHASHI

廊下で次々と生徒たちと先生が各クラスへと移動していく。その中で、とても綺麗な女性を発見!あまりにも印象的だったので、さりげなく写真を撮った。
自分のクラスの名前が呼ばれた。すると手を挙げているのは先程の美しい女性!あまりにもビックリして自分の名前をもう一度確認しに戻る姿を見て、先生は微笑んでいた。「ラッキー♪」
美人先生は、どの人でしょうか?

クラスメイトは約10人。しかし、テストの結果などによって、今後クラス替えをするらしい。

自己紹介が始まった。私がしゃべりだした瞬間、先生から「ブラジルだね」」と言われた。自分では気をつけて発音しているつもりだが、どうにもだめらしい・・・大きな課題だ。
それ依頼、何かブラジルポルトガル語がでてくる度に、ブラジル代表みたいに私に視線が飛んでくる。「あー・・・」

隣に座った中国人男性。あまりにもポルトガル語が理解できていないようで、できるだけ英語で通訳した。授業終了後、彼にどれくらいポルトガル語を学んできたのかと聞いたら。彼は「3日間」と答えた。あまりにもビックリして、先生に伝えると、先生もビックリ!「どうしてこのクラスを選んだのか?」から始まって、色々と彼と話していた。3日間・・・納得した。
次の日から彼はクラスに居なかった。

授業は週4日。朝8時から12時。途中30分休憩はあるが、けっこう長く感じる。何回時計を見るかわからない。
約1週間、毎日のように、人が出たり入ったり、なかなかクラスメイトが定着しない。
一週間後、ようやくクラス移動が収まった様子。
私のクラス現在12人。台湾3人。マカオ2人。アメリカ、フランス、メキシコ、フィリピン、バリ、トルコ、日本各一人。「日本人いなくてよかった~(^^;)」 
しかし、一部の外国人のポルトガル語はなまりがすごく、理解しにくい。おまけに、少しイライラ。でも、友達も何人かできて、とても楽しく充実した毎日を送っています。
ポルトガル人の友達M。日本語と中国語を学ぶ。

学校で一番仲良し、スペイン人の友達P。とてもいい人。

日本とポルトガル、諸外国の大きな違いを発見!
日本人の若者は、出会った人の年齢をとても気にする。年が近くないと友達になれないみたいな空気が漂う。
しかし、ここではそのようなことが全くない。
上手く言えないけれど、自分も含め、もっと年齢を気にせずに、フィーリングが合うならば、それでいいと思う。


おまけ
とあるショッピングセンター内のお手洗い。とってもオシャレ♪

Monday, October 17, 2011

ポルトガルの週末 ~ポルト2日目~ 2011年10月9日

 
ポルトで迎えた日曜日の朝、宿から近くのカフェで朝食を食べてから、夕方までひたすらポルトを歩き、美味しい料理を食べて、美味しいワイン飲み、自分のお土産を買ったりして過ごした。

ポルトガル語で朝食は、pequeno almoço
カフェオレ、パン2つで約3€。安いですね!

 

小鳥がメインの市場。小さなかごに入れられて孔雀やアヒルも売れていた。


日曜日のドウロ川              ポルトワイン一杯1€ 安い!!!
  

お揃いで買ったポルトガルパーカー15€

 ドナウ川沿いのフリマ。全部手作り
 このセンスにビックリ!!!カラフルな部分は、水風船です。

ブラジルの腿法 カポエイラ。


  地球の歩き方の載っている人気のレストラン。観光客向けのセットメニュー 約18€。牛肉とポテトの煮物 85点。赤豆ご飯を追加で注文。白米が食べたかった…この赤豆ご飯、おかゆみたいに柔らかい。※料理数が少なく高い。席に着く前にメニューをチェックすることをお勧めします。

日本では考えられない光景
子供たちが・・・

楽しそうに踊るマダム達♪

帰りは偶然見つけた高速バスでリスボンへ帰った。電車と同じく3時間で18・50€。
先輩との別れ・・・悲しかったが、会える距離に友達がいるだけで幸せだと思った。

ポルトガルで過ごした初めての週末。友人と楽しく過ごせてとても良いスタートとなった^0^


ポルトで宿泊した「Pensão Duas Nações」 サン・ベント駅の近くにあるリーズナブルな宿。























Wednesday, October 12, 2011

ポルトガルの週末 ~ポルト編~

ポルトガルで迎える初めての週末、ミーニョ大学に留学している日本の友に会いに、ポルトへと向かった。

急行電車が走る駅までバスで行くのだが、バスの乗り方がよくわからず、前の人がお金を払っていなかったので、そのまま乗車。下車する時もお金を払うタイミングがわからず、そのまま降りてしまった!
リスボンからポルトまで、急行電車で約3時間。初めてのポルトガルでの旅行でとてもワクワクしていた。電車の中は日本の電車とそんなに変わらなかった。しかし、席が進行方向と逆向きで嫌だった(><;)

 ツナ卵サンドウィチ 90点 左下に見える赤いキャップが私の席

約束の駅に2時間早く到着。辺りを少し散歩するが、何もない。「本当に、これが有名なポルトなのか?」、『地球の歩き方』で確認すると、街が栄えているのはもう一つの駅だと知る。バスに乗り目的地へ。そこは本に載っているような歴史的な建物が沢山並んでいて、感激。
しばらく、一人で散歩して、駅に戻り友達と合流。
街の中心に位置するポルトの玄関口。20世紀初め、修道院の跡地に建てらた、サン・ベント駅。

駅構内のホールの壁を飾るアズレージョは、ジョルジェ・コラコの作品。ポルトにまつわる歴史的な出来事が描かれている。

私達は街を歩き、ドウロ川を目指した。そこは、想像を超える美しい景色だった。これこそ、「ポルトガル!!!」といった感じ。おもわず、消臭力の歌を歌ったが、友達に伝わらず残念・・・
I先輩と記念撮影

美しい川を眺めながら、軽く食事。ポルトでは、沢山の日本人、外人観光客を見かけた。また沢山お土産屋があり、色々と目移りして大変だった。
ドウロ川(※消臭力のロケ地ではありません)
橋の上で

ここではポルトガルの“緑のワイン”を初体験。微炭酸でとてもおいしかった。
緑ワイン95点

その後、街をブラブラと観光。この街はとても坂が多く、石がゴロゴロ。無知な私はビーチサンダルで歩いたので、とても疲れた。

ガイドブックに載っていたポルトガル料理のレストランで食べた、豆ともつの煮込み 90点

夜遅くまで観光して疲れきった友は、私と一緒にポルトに泊ることになった。私達は、ガイドブックに載っている、“日本人スタッフ”がいるという綺麗でリーズナブルな宿へと向かった。
ポルト駅から徒歩10分位で到着。受付でチェックインをして、4階の部屋へと階段で移動。4階建てなのにエレベーターがついてない。しかも簡単に落ちそうなその階段の手すり近辺は、上っていてとてもハラハラした。部屋は小奇麗な感じで、ベッドが2つに窓が1つ。外の酒場から、へたくそな歌が聞こえた。その歌声は深夜遅くまで続いた・・・
宿にはシャワーが1つしかなく、使用中だったので、階段で座って待つことに。しばらくすると日本人らしき男性が出てきた、彼は私を見ると「もう、脅かさないでよ。駄目だよ」と、ポル語で言っていた。ただそこに居ただけなのに・・・
部屋の窓の外を見ると屋根がすぐそこにあり、誰かが立っていたらと考えると、とても怖かった。もし一人だったら、きっと怖くて眠れなかっただろう。
夜遅くまで色々な話をして過ごした。
初めてのポルト、嘘みたいに時間が流れ、とても充実した一日だった。


おまけ
ボタンが・・・

Monday, October 10, 2011

ポルトガル5日目

ポルトガル5日目、洗濯をしようと地下へ。一昨日、ルームメイトとスーパーで買った洗剤を洗濯機へ投入。なにげなくボトルの後ろのラベルを見ると、なんと!それはマジックリンだった(・◇・;)!!洗濯機を止めようとしたが、操作方法が分からないのでそのままに・・・最低。

その後、近所のスーパーで“洗濯洗剤”を購入。洗濯だけで午前終わり。

 朝ごはん
午後は、カモインス院へ挨拶に出かけた。しかし、運悪いことに、担当者が本日休み・・・ついてない。
帰宅途中、お腹がすいたので、近所のカフェで遅めのランチ。シンプルな料理だが美味しかった。

寮へ戻り、ブログを書いたり、のんびりと過ごしました。





おまけ
 寮は空港が近いので、飛行機が低空飛行してる。

ポルトガル4日目

ポルトガル4日目、寮の手続きをしに大学へ。大学内のカフェで朝食。ポルトガルのお菓子「PASTEL DE NATA」を初体験。クリーミーでとってもおいしかった(o^^o)



リスボン大学の敷地には大学がいくつも建っている。何度か、私が通うUNIVERSIDADE DE LETRASのカフェで食事したことはあったが、激安学食は今日が初めて!安さとボリュームに驚いた!一見普通のソーセージだが、中身が生みたいに柔らかく、こんなにおいしくないソーセージを食べたのは生まれて初めて。スープも味がよくわからない。ジュース、プリンも甘いだけ。でも、贅沢を言ってられる身分ではないので、ありがたく全部平らげた。

パン、デザート取り放題で、1食2€40セント。激安!


Refeitorio Ⅰ

午後はポルトガルで一番大きなショッピングセンター「Centro Comercial Colombo」へ。特に買うものはないが、観光気分でお出かけ♪ 

3階建ての巨大ショッピングセンター。

広さが伝わるかな・・・

しばらく館内を歩いていると、APPLESTOREがあった。I-PHONEのメール設定が分からなかったので立ち寄った。親切な店員が簡単に問題を解決してくれた!ここへ来て良かった~^O^
お店がありすぎて、どこをみたらいいのかよくわからず、疲れた私は、巨大スーパーへ。ワインを簡単に開けられるコルク抜きを店員によく聞いて購入。ポルトガルの文法書もスーパーで購入した。
夜はよく冷えたワインを味見。甘いワインが欲しくて、ワインコーナーに居合わせたおじさんに聞いて買ったにも関わらず、あまり甘くない・・・残念。