Follow by Email

Sunday, December 18, 2011

ポルトガルに母来る(きたる)

12月8日深夜、日本から母がポルトガルへとやって来た!
定刻よりも約30分以上も送れたため、リスボン空港に到着したのは深0時を回っていた。ゲートから出てきた母は、大きなリュックとスーツケース。この荷物の大半は、私のために持ってきてくれた日本製品なのだ!ありがたい♥

英語ができない母は、40人の団体ツアーでポルトガルへとやってきた。
ホテルへ向かう観光バスへ乗り込む際に、ガイドさんにお願いをして、ホテルまで同行させてもらった。ラッキー♫
ホテルで私の荷物を受け取る。沢山の日本食に自分の冬服との再会。うれしい(o^^o)

翌日は、ポルトへと向かうとのことで、タクシーを拾って、自分のアパートへと戻った。
簡単に荷物を整理して、就寝。朝早く起きて、列車でポルトへ向かうつもりだったが、寝坊した。ポルトで一緒に観光するつもりだったのに、現地に到着したときにはすでに夜だった・・・残念。
それでも、母とホテルで一緒に食事をして、夜のポルトの町へと観光へ出かけた。

ポルトに計2日滞在。夜の数時間だけ一緒に過ごしたけれども、とても楽しかった♫

母がポルトガルへ来て4日目、いよいよリスボンへとやってきた。
午前中は学校、その後は母と過ごした。母も毎日、朝早くから夜遅くまでの観光で、相当疲れているようだった。
4日前の夜は、ポルトガル代表音楽のFADOを聴きに、BAIRO ALTOへと向かった。以前、友達の送別会で行った場所だ。
母は、大満足していた♫
ポルトガル最終日には、私の住んでいるアパート近辺の観光名所や、


リスボン一美味しいアイスクリーム屋、ポルトガル一大きなショッピングセンター“コロンボ”、大学へと案内した。
コロンボ内にあるジェットコースター

夜9時頃にホテルに戻って来たころには、二人ともくたくただったが、頑張って、FADOが聴けるレストランへと向かった。(昨日と同じ場所)
店内に入ると、母のツアーの人が沢山いた。色々な人にお店を聞かれて、ここを勧めたので、皆、来ていたのだ。
初めて、FADOの家の料理を食べたが、とても美味しかった。母も絶賛していた。
なにはともあれ、大忙しの6日間だったが、とっても楽しく、充実した日々を母と送れて、幸せでした♥

MUITO OBRIGADA MAE♥ ADEUS!

No comments:

Post a Comment